株ドカン設定

株ドカン

銀行が

郵政民営化により発足したゆうちょ銀行による一般的なサービスは民営化前からの郵便貯金法での「郵便貯金」の定義は適用せず、銀行に関して規定する法律である銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)に定められている「預貯金」に準拠するサービスということ。
簡単にわかる解説。外貨預金とは?⇒銀行が取り扱っている資金運用商品の一つのこと。外貨によって預金する商品の事である。為替の変動による利益を得ることがある反面、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
きちんと知っておきたい用語。バブル経済(economic bubble)とは?⇒市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)が取引される価格が行き過ぎた投機により成長(実体経済の)を超過しても高騰し続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの状態を指すのである。
いわゆるデリバティブの意味は今まであった金融取引または実物商品・債権取引の相場変動で発生したリスクをかわすために生まれた金融商品の名称をいい、金融派生商品と呼ばれることもある。
よく聞くコトバ、ペイオフとは?⇒防ぎきれなかった金融機関の破綻に伴って、預金保険法で保護の対象となった預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度なのです。
タンス預金の盲点⇒物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、物価が上昇した分現金は価値が下がる。だから暮らしになくてもよい資金であるのなら、タンス預金をやめて安全性に信頼がおけ、少しでも金利が付く商品にした方がよい。
【解説】ロイズとは何か?ロンドンのシティ(金融街)の世界の中心ともいえる保険市場なのである。また法の規定によって法人とされた、ブローカーおよびそのシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合を指す場合もあります。
そのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは業として行う内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作って、さらに適正に運営するためには、目がくらむような量の「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が事細かに法律等により定められています。
つまり金融機関のランク付けというのは、信用格付機関が金融機関、さらには社債などを発行する企業の信用力や支払能力などをアナリストの意見をもとに一定の基準に基づいて評価しているということ。
必ず知っておくべきこととして、株式についての基礎。社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、企業は出資を受けるだけで株式を手に入れた者に対しても出資金等の返済する義務は発生しないとされています。合わせて、株式は売却によって換金するものである。
信用格付機関(ムーディーズなどが有名)の格付けを活用する理由(魅力)は、わかりにくい財務に関する資料の内容が理解できなくても格付けによって、その金融機関の財務の状況や経営状態が判断できるところにある。ランキング表を使えば複数の金融機関を比較することまで可能ということ。
15年近く昔の平成10年6月、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等の所掌していた業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分のセクションを区分して、総理府(現内閣府)の新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)として新組織、金融監督庁をつくりあげたのである。
よく聞くコトバ、金融機関の能力格付けは、信用格付機関によって金融機関、そして社債などを発行している会社に関する、信用力(債務の支払能力など)を一定の基準に基づいて評価・公表しているということ。
いわゆる金融機関の能力格付けとは→ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関だけではなく国債を発行している政府や、社債などの発行企業に関する、支払能力などを一定の基準に基づいて公平・中立的に評価しているということ。

広告を非表示にする